日々感じるままに生活しております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日という月曜日は、いつもの月曜日とは訳が違います。


どんな「訳」かといいますと、


「某那須が振り込まれるうぅぅぅ~~~」

と、いうわけ。

ちなみに、一応僕の会社では、一般職:1.8ヶ月分 でした。

今のご時世ですから、ボーナス貰えるどころか、僕レベルの人間が東証一部上場企業(かな~~り傾いてはいますが)で働けているという事実だけでもありがたいことです。

ただ、少しだけ将来に不安点が。

僕の終着点としては、「実家(現在在住)から通って働きつつ、百姓業のほうもなるべく父を手伝い、将来的には規模は縮小させつつも自分が動けるうちは続けていく」というようなものが一応のビジョンとしてはあります。しかし、今の会社では、現在の岩沼以外、東北圏に工場はなく、さらに工場そのものがすでに50年近い(確かそのくらい)稼働年数を誇っており、これから東南アジアへの工場進出等を行っていく場合、10年先は大丈夫でしょう。しかし、20,30年先を考えると、今の仙台工場は恐らくはなくなっているのではないかと思えてしまうんです。

会社が建て直し、東南アジアへ生産拠点を新たに進出させた場合、タイヤ工場で最も古く、工場のレイアウトもいまいちで、生産性の低い仙台工場は将来的に最初に切られる生産拠点かと思われるので。

まぁ、今からそんな先のこと考えてもしょうがないかもしれませんが、いい加減工場の寿命というか、最近の工場閉鎖関係のニュースを聞いたりしていると、直近の会社の建て直しも大事ですが、個人的にはもっと先の将来を考えた場合が少々不安です。再就職を狙うにしても、恐らく20年、30年先の話なので、その頃の僕には無理でしょう。

まだ入社3年目ですが、定年まであと38年。僕の年齢よりはるかに長い間働くわけですから、何があろうが全く不思議ではありません。

出来れば、50台で会社を首になることはあまり考えたくはない話です。




まぁ、同様にあと38年あるわけですから、もっとうまいことことが運んでくれるかもしれないですし、それ以外にもこれからの人生何が起こるかなんて考えるだけ無駄でしょうと思えるくらい長いですから、悲観的にはならずに頑張りたいものです。



以上、よくわからないけどふとこんなことを書きたくなりました。中林です。

最近、公私ともにとてもネガティブ思考過ぎる中林でした。

なんとかならんかぇ。
スポンサーサイト

【2009/07/06 23:13】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。